安くて性能のいいパソコンの選び方とは?

BTOパソコンを購入する

安くて性能のいいパソコンを購入するならBTOパソコンを購入するのがオススメです。
BTOは注文生産という意味で、注文を受けてからパソコンを組み立てて販売します。使い方に合わせてパーツが選べるので、余り必要のない機能のパーツは安く、よく使う機能のパーツは高性能にすることが可能です。また、本体に余計なソフトが入っていないのでメーカー製のパソコンに比べて価格も抑えられています。流石に全てのパーツを高性能なものにすれば高くなりますが、自分の用途に必要なパーツを優先すれば値段を抑えられます。BTOパソコンを購入するなら、ノートよりデスクトップがオススメです。同じ性能ならデスクトップの方が安いですし、カスタマイズ性も高いので色々なパーツが選べるからです。

海外製メーカーのパソコンを選ぶ

海外メーカーのパソコンにも安くて性能のいい製品はたくさんあります。
基本的に国内メーカーとアジアやアメリカなどの海外メーカーのパソコンでは海外の方が安いです。では性能はどうかというと、CPUやメモリなど処理速度に関する性能では国内メーカーと大きな差はありません。一方、国内メーカーのパソコンはテレビの視聴機能や4K対応など処理速度などに加えて機能面に力を入れています。また、国内メーカーのパソコンには最初から様々なソフトがインストールされていますが、海外メーカーのパソコンには最小限のソフトしか入っていないので価格を抑えられます。機能やソフトを気にしないなら、安くて処理速度が高い海外メーカーのパソコンはおすすめです。

© Copyright Computer Sales. All Rights Reserved.